結婚相談所で婚活する女性たち

Posted by ddpp on 8月 3rd, 2015 — Posted in 結婚相談ランキング

昔の日本には、恋愛感情がなくとも結婚はしなければならないものと思って結婚し、結婚後は妻としての義務を忠実に遂行してきた人が大勢いた。縁側にお客さんが座ると、お茶とお漬物を出すようなおばあさんたちによって、梨明期の結婚制度は支えられてきたのである。

100歳の女性に萩本欽一がインタビューするNHKの番組では、100歳の女性が夫を好きだった理由で一番多かったのは「親切な人だった」というものだった。重要なことは、そういう人は地方に多くいたということである。そして、地方の人は長く農業によって生活してきたということである。日本の農業それも稲作は、機械化される前まで、世界の農業の中で最も過酷な肉体労働であると言われてきた。

結婚相談所に従事し続けた結果、背中が、くの字どころか直角に曲がったおばあさんがいたように、農家で生きることは、結婚して、子どもを産み、毎日田んぼの中を這いずりまわることを意味していた。

昔の人にも結婚に才能があったとすれば、それは、相手に選ばれるための才能ではなく、結婚生活を継続させる才能である。成分は、忍耐力と従順さと協調性である。辛抱強く、我を抑えて、こつこつと働く。自分に毎日具体的な義務を課し、飽きないよう性格を矯める技術でもある。

自分をそこにとどめておく才能である。日本人の意識の基底部には、こういう農業の論理が今も存在していると思う。昔の女性の結婚の才能は、男性で言うと、兵隊の才能に該当するのかもしれない。

冷害や皐魁や台風が来ると稲は全滅する。男性は天候に左右されずに決まった給料の貰える勤め人になるためには、中等教育以上の教育を受けて、都市に出なければならない。しかし、田畑と家と親を捨てて結婚相談所に出ていくことはできない人たちがいる。

土地と家に縛りつけられ、自然を相手に根気強く重労働に耐えるしかない男性たちが、一旦徴兵されて軍隊に入ると、そこで大きな解放感を知ったのだという。軍隊の演習というものは農作業に比べると肉体的にははるかに楽なのである。にもかかわらず、日に3回も白いご飯が出てくる。

ただ上官の言、つ通りに黙々と動いてさえいれば、それだけで模範的な兵隊と言われ、学歴と関係なく処遇してもらえる。戦地に行かない限り、軍隊は平等で、安楽で、確実に白いご飯を食べさせてくれる場所である。ここは天国だ。

それなのに、結婚相談所を出たような連中は、演習では疲れ切り、何かと上官に反抗的な態度を示し、休憩時間にドイツ語の本を読んだりする。農家では、隣の家がしていることと同じことを、同じ時期にやらなければならない。田植えも稲刈りも、早すぎても遅すぎてもいけない。前日に隣が田植えをすると手伝いに行き、翌日はこちらの田植えに手伝いに来てもらう。みんなに合わせて同じことをすることができなければ、農業をすることなどできない。

結婚相談所ランキング

結婚相談所で相手を見つける

Posted by ddpp on 5月 3rd, 2015 — Posted in 結婚相談所おすすめ

結婚は結婚式のさらに前にもある。「理想の結婚」というテlマなのに、「理想のプロポーズ」から懇切丁寧に書いてきた学生がいる。信用金庫の女性職員の横領事件というのが最近は少なくなったような気がするが、ホストクラブができたせいかもしれない。

大金を横領する女性には男性がいる。結婚詐欺師が女性に横領させるのである。男性は結婚を匂わせながら最初は松阪牛のステーキをデlトで食べさせてくれる(昔はステーキが一番高級だった)。

「本当にこの男性と結婚していいのか?」と女性側が不信を募らせていくのは、横領女だけではない。デートでご馳走される食べ物は、自分という抽象が結婚相談所にある。自分はラーメン程度の女なのか。

プロポーズは彼が自分のためにどれだけサプライズを考えてくれたかを享受する一種の演劇と化している。

既に、誕生日やクリスマスで経験済みのことである。女性は、金持ちの男性と結婚したいのではない。金持ちで、ケチでない男性と結婚したいのである。「資本蓄積制」の下で金満家になった男性の中には、「どうして金持ちの僕に嫁が来ないのだ」と怒りを抱えている男性がいる。

「それはお前がケチだからなんだよ」と、結婚相談所が教えてやることができないのは、家族ぐるみでケチだからである。ケチだから蓄財できた。

しゃれた消費の仕方が分からないので、けん幅の引き戸の玄関はあっても、他人を家族の中に招き入れるドアがない。冒頭で紹介した、医師で弁護士で弁理士の女性は、腐るほどお金があるからといって自分が男性にお金を使うつもりはない。

理想の結婚相手は、デートの日に彼女を見た瞬間、「ダメじゃないか!その服にこんな靴を履くなんて」と、襟首をつかんでシューズ・ショップに彼女を引きずって行き、「あの靴だ!」と指をさして靴を選ぴ、もちろん自分のお金で買ってくれる人なのだという。

「靴フェチ・フェチ」である。愛情とは、相手のために百万の言葉ではなく、結婚相談所でお金を使うことである。「ロストジェネレーション」を除けば、そういうピン・ポイントな消費の才能のある男性が結婚できる。金払いのよさと「テイスト」は「結婚の才能」の中に確実に含まれている。

男性は職業を持った上で、「プロポーズ企画能力」を持ち、「消費の品格」を備えていなければ、結婚はできない。クリスマスは彼氏とお泊まりし、プレゼントされる日だと「アンアン」が女性に教えたのは、1983年である。賛沢は素敵だ。

一旦知った以上、忘却することはできない。そこに、少子化と格差社会である。プロポーズの前には「理想の出会い」がある。「合コン」では出会いたくない。「東大」のサークルで、「偶然」会いたい。

女子学生はそう考える。「理想の結婚」を聞くと、出会いからして「妄想」が入っている。「理想」|「妄想」である。妄想さえしていれば、自己は常に理想の中にいられる。

しかし、出会い←つきあい←家族への紹介←プロポーズ←結婚式←新居の選択。そのすべてに男性は「合格」していかなければならない。進化における「性淘汰」の仕組みは、結婚相談所で説明しても、これで完壁というものはない。

結婚できない男と女の行き場所

Posted by ddpp on 3月 22nd, 2015 — Posted in 結婚相談所おすすめ

日本の法律では、「一人の男」としか結婚できないことになっています。重婚は認められていないのです。たくさんの男に目移りしていても、結局は、一人に絞り込まなければなりません。

「あの男がいいけど、こっちも捨てがたいわね」そんなことを言っていると、いつまでもあなたは結婚のプロセスに向かって、突き進むことができなくなります。いろいろな注文をつけ、たくさんの男を見比べようとしていると、かえって動けなくなってしまうのです。

「何十人もの男とHしている女ほど、かえって不満を持っている」と指摘なさっておりますが、まさにその通りです。たくさんの男を試そうとすると、何がなんだかわからなくなってしまうばかりか、不満も大きくなるのです。

だれかれかまわず、デートしたり、ほいほいベッドを共にするのはやめましょう。まず、デートの相手を絞り込むこと。絞り込まなければ、いつまでも結婚に結びつかないことを理解してください。

選択を絞り込むのは、決定を容易にする一番の方法なんです。ある本を読んでいましたら、マクドナルドのマックチヨイスでメニューを組み合わせると、4万415の選択ができる、と書かれておりました。

これほどたくさんの選択肢があると、じっくり選択しようとすると、かえってわからなくなってしまいます。試しに、毎日、違う組み合わせで食べようとすると、110年間も食べつづける計算です。

これは、非常に大変なことですし、ほほ不可能です。しかし、私のように、「ピックマックしか食べない」と決めている人間にとっては、選択の幅が狭くなって、すぐに決めることができます。他のメニューを考えませんので、簡単に決められるのです。

みなさんの周囲には、素敵な男性が、たくさんいるでしょう。未婚の独身男性は、適齢期だけをとっても200万人もいるといいます。しかし、あなたがデ1トできるのは、ほんのわずかな人数にすぎません。200万人の全員とお話をして、その中から一人を選べるわけではないのです。

結婚したいのであれば、まずは少数の男に絞り込んでください。学歴を重視したいとか、冗談を言って笑わせることを重視したいとか、注文はつけてもかまいませんが、なるべく少なく絞り込んでいくことがポイントです。デートには、時間もお金もかかります。

あなたの身体はひとつしかないので、限られた時間とお金の中でそれほどたくさんの男性とデートできるとは限りません。できるだけデートする男は、絞り込んでください。

20代の最後に結婚相談所へ行く

Posted by ddpp on 1月 19th, 2015 — Posted in 結婚相談ランキング

◇ニ十代に働くこと”にはこんなメリットがあります

では、二十代の人格形成のために、どんなことをすればいいのでしょうか。本を読む、音楽を聴く、絵や演劇を観る、スポーツをする、いろいろあるでしょうが、その中に結婚相談所もあると思うのです。

額に汗して働く、いろいろと失敗を重ねる、叱られる、みじめな思いで泣く、仕上げた喜びにひたる、仲間の悪口に傷つく、働くという場面にはさまざまなことがあります。

疲れもするでしょう、何をやってるんだろうとむなしい思いになることもあるでしょう、でも、そういうもの全部ひっくるめて、働くということは、人格形成のために一番いい方法だと思うのです。

もちろん、働く場面にもいろいろあります。お店の仕事もあるでしょう、畑仕事や工場の仕事や、肉体を酷使するものもあると思います。きれいで楽な仕事ばかりではありません。

だからこそ、やってみてほしいと思います。若いうちなればこその修業なのです。昨今、中年期から働く主婦も非常に多いのですが、ある程度トシを食っ・てから始めるのは、肉体的にも精神的にもストレスが大きいでしょう。

人生何歳であってもスタートラインとはいえ、若いうちから身も心も馴れておいたほうがいい。車と同じです。ギアをいきなり入れれば、エンストするでしょう。

まず、ローに入れ、セカンドに入れ、ハイ・トップに入れる、そうしないと高速道路を快調に走ることは出来ないのです。えてして私たちは、ハイ・トップで走っている人を見てうらやましがりますが、そういう人でも必ずローで走っていた修業の時代があります。

今、皆さん方は、ハイ・トップで走るときのためのローの時代なのです。ところが、これがなかなか若いうち結婚相談所というのはわからないもののようです。

よく、「私だって、やれば出来たんだ」と言う人がいます。かくいう私にもそう思うときがあって、どうして若いころもっと勉強しなかったんだろうと後悔しています。

何度もいうようですが、若いころの努力と決断を背負って生きるのが人生なのですから、あとになって結婚相談所に行けば良かったと嘆くことのないようにしてほしいと思っています。

自分に対するある種のあきらめ、それがまたエネルギーになって、この繰り返しでやってきたようなものです。それでもまだ人格円満とはいかず、ワガママで身勝手なのですが、少なくとも過去にやってきたことは無駄ではない、そう思えるだけ心が安らかになります。

もし今、中年期になって、私は何をやってきたんだろう、私には何もないじゃないの、そう過去を振り返るようだったら… … 、心がさっと冷えるような感じがします。

ウォーターサーバーの水と浄水器の水

Posted by ddpp on 10月 4th, 2014 — Posted in ウォーターサーバーの比較

最近の浄水器の広告には「水道水をミネラルウォーターに変える」といった表現が、しばしば見受けられます。中には「水道水を天然水に変える」といった誇大広告まがいのものまであります。そのためでしょうか、消費者の中には「浄水器の水もミネラルウォーターだ」と信じている人がかなりいます。はっきりいって、浄水器を通した水はミネラルウォーターではありません。

浄水器には水道水をまずくする要因である塩素や、発ガン性物質のトリ(ロメタンなどを除去する機能はありますが、水道水をミネラルウォーターに変える“魔法の壺”などでは決してないのです。先ほど説明した通り、日本のガイドラインでは〈ミネラルウォーター〉は「特定水源より採水された地下水を原水とする」と定めています。

ですから、河川水やダムの水を原水とする水道水を浄水器でどう濾過したところで、ミネラルウォーターと呼ぶわけにはいきません。ましてヨーロッパの厳格なミネラルウォーターの製造基準で考えれば、浄水器を通した水はあくまで。水道水の加工水”にすぎないわけで、それを〈ミネラルウォーター〉と表記するのは詐欺にも等しい話ということになります。

それなのにこうした広告が許されているのは、日本の“ミネラルウォーター”や“自然水”といった言葉が示す意味があやふやだからです。

ミネラルウォーターが単純に“ミネラル”を含んだ水”の意味であるとすれば、ミネラル成分をまったく含まない水道水はありえないのですから、水道水もミネラルウォーターになってしまいます。また河川水やダムのがももとは雨水だから自然の水なのだ、と言い切ってしまえば、水道水から塩素を抜いただけの水も。

自然の水” ということになってしまうのです。だから私たち消費者は、こうした広告の言葉の使い方、表現の仕方には、常に注意深くなくてはいけません。実際に浄水器については、詐欺まがい商法の被害に遭う人が数多くいるからです。

「大自然の水」、実は加工したブレンド水

Posted by ddpp on 9月 9th, 2014 — Posted in ウォーターサーバーの比較

① 浅井戸水=地下水で比較的浅い井戸から、ポンプにより汲み上げられたもので、ミネラル成分も少なく、地表水と大きな差はない。

② 深井戸水=七〇メートル以上の深い井戸から、ポンプにより汲み上げられた地下水で、井戸のある地層によってさまざまな鉱物の成分が溶け込んでいる。

③湧水=地下の帯水層にある地下水が、自噴により地上に湧き出したもので、水質もよく、ミネラル成分の豊富なものが多い。

④ 鉱泉水=深い地層から自噴する地下水で、溶け込んでいる鉱物の成分により、特徴のある味や
を持っている。水温が二五度C以上の温泉水も、飲用に適するものは、ミネラルウォーターの原料になる。

⑤ 伏流水=川の水の一部は地中にしみ込み、水を通しにくい不透水層や岩盤に沿って流れている。これを伏流水と呼んでいるが、この水が湧き出したものを採水し原料としたもので、水暫の面では河川と大差はない。

このように原水から見た場合、② 、③ 、④ はミネラルウォーターに当てはまるが、他はただの水ということになる。採水された原水はペットボトルに詰めて製品化されるわけだが、その規格として農林水産省が一九九〇年に決めた、「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」がある。それによると、日本で製造されているミネラルウォーターは、次の四種類に分類される。

① ナチュラルウォーター= 特定の水源から採水された地下水を、ろ過、沈でん、加熱殺菌したもので、自然水ではあるがミネラル成分かほとんど含まれていないものが多い。

② ナチュラルミネラルウォーター= 地下水のうち、地下で滞留または移動中に無機塩類が溶け込んだもので、一般にミネラル成分は多くなっている。処理については① と同じ。

③ ミネラルウォーター= ② ど同じ原料水を、ろ過、加熱殺菌を行った後、複数の原水の混合、ミネラル分の調整を行ったもの。自然水そのままではなく、処理や加工をほどこした人の手が加わった水。

④ ボトルドウォーター=水道水、河川水、蒸留水、純水などの飲用に適した水を原料としたもので、ミネラル成分をほとんど含んでいない、ただのびん詰めの水。

ミネラル成分が含まれているということでは②と③が当てはまるが、③は人工的な加工がほどこされているので問題がある。結局ミネラルウォーターと呼べるものは②だけで、市販されている商品の中には、ミネラル成分がほとんど含まれていないもの、加熱処理や混合、ミネラル分の添加といった加工がほどこされているものも多く、決して天然水そのままではないことを知っておく必要がある。

水道水のトリハロメタン問題

Posted by ddpp on 9月 7th, 2014 — Posted in ウォーターサーバーの比較

水道水にトリハロメタンが入っているというのは、周知の事実です。

水に対する安全性を求める人々にウォーターサーバーが普及しています。

「水道の水を飲み続けているとガンになる」と思っている人はかなり多く、それがミネラルウォーターや浄水器を買う理由にもなっている。水道水に含まれる発ガン性物質が最初に問題となったのはオランダで、一九七二年にロッテルダム市水道局の職員が水質検査の過程で発見し、浄水工程の塩素処理により発生することを解明した。一方アメリカのミシシッピー川の水を飲料水にしている、ニューオリンズ住民のガン死亡率が高いため、米国環境庁(USEPA) が同地区の浄水場の水質を分析したところ、オランダと同じクロロホルムなどの発ガン性物質が検出された。これが高いガン死亡率を裏付ける要因としてテレビでも大きく報道され、これをきっかけとして、一九七四年以降水道水の安全性を問う市民運動が、アメリカ全土に広がった。

問題となった発ガン性物質はトリハロメタンという、水道水の水源となる川や湖の水に含まれている有機物が、塩素と反応して生成される有機化合物の一種。塩素消毒により生まれる副生成物だが、その中にクロロホルム、ジブロモクロロメタンなど四種類のハロメタンが含まれ、これらをまとめて総トリハロメタンと呼んでいる。実験の結果この化合物には、遺伝子に突然異変を引き起こす変位原性があることが実証された。これはマウスによる実験結果がもとになっているが、それを人体に当てはめてみると、10ppm(1リットル当りI〇ミリグラム)含まれた水を含んでいると、肝臓ガンが発生する可能性が高いということだった。

欧米で起きたトリハロメタン騒動の情報は日本にも伝わり、大学の研究者や市民団体などが、浄水場や水道水の検査に乗り出した。その結果、東京都衛生研究所が一九七四年に行った検査で、水道水からクロロホルムを検出した。また市民団体の調査でも、東京都や大阪市の浄水場の処理水からも、最高95ppb(1リットル当り0.095ミリグラム)という、かなり高い濃度の総トリ(ロメタンが検出された。毎日飲んでいる水道水に発ガン性物質が含まれていると聞き、飲み水に対する住民の不安は一気に高まったが、安全性を確保するための塩素が原因と分り、水道関係者も大きなショックを受けた。

水道水には、発ガン性物質や農薬などが混入しているので、飲んではいけない

Posted by ddpp on 8月 14th, 2014 — Posted in ウォーターサーバーの比較

昨今、ウォーターサーバーが家庭でも普及してきました。

なぜでしょう?

日本の水道水は海外に比べて、キレイで、おいしく飲めると言われてきましたが、実はそうでもありません。

「水道水は危ない水」といわれるようになった発端は、一九七〇年代にオランダやアメリカの水道水から、トリハロメタンという聞き慣れない物質が検出され、米国環境庁が発ガン性物質と発表してからで、その発生原因が消毒用の塩素であることが分り、人々は大きなショックを受けた。塩素はカルキ臭の原因として問題になっていたが、発ガン性物質も生成すると分って、水道水に対する信頼が大きく揺らいだ。

その後IT 汚染の原因とされる、半導体製造工場で使われるトリクロロエチレンなどの有機溶剤、ゴルフ場などで使われる除草剤や農薬の成分、重金属、環境ホルモン物質なども水道水から検出されたというデータが、大学の研究者や市民団体から発表され、人々の不安は一層高まった。さらにこのような情報はマスコミ媒体によって大きく報道され、「水道の水を飲むとガンになる」と思う人が一気に増大した。

これに対し、給水する側の行政の対応は鈍かった。消費者に対し情報をいち早く公開すべきなのに、当時の厚生省にはそのような意識は乏しく、情報を公開せず、十分な説明もされなかった。したがってマスコミのかなり誇張された情報だけが伝わり、水道水は危ないから飲まない方が安全という意識が、消費者に広く浸透してしまった。

水道水の安全性を保証する基準として、「水道水の水質基準」が定められているが、当時はトリハロメタンやトリクロロエチレン、農薬などの項目はなく、浄水場でも法的にチェックし取り除く義務はなかった。それが対応が遅れた原囚にもなったため、一九七八年には二六項目だった検査対象が、一九九三年の改正で四六項目と大幅に増やされた。その後検出されたり、検出の恐れがある物質の追加、ほとんど検出されない物質の削除が行われ、五〇項目の基準が二〇〇四年に施行され、現在はこれをもとに管理されている。

この基準により浄水場では水質を厳しくチェックしているので、以前問題となった物質が水道水に含まれていることは、ほとんどないと見てよい。またトリ(ロメタンを生成する有機物、有害化学物質、農薬などは排水に含まれることが多いが、現在では排水を流すことは厳しく禁止され、処理技術も進んでいるので、水源白身の汚染も減っている。したがって渇水などで水源の水質が著しく悪化した場合を除けば、水道水は安全で発ガンのリスクも、他の食品と比べてかなり低いといってよい。

ウォーターサーバーと浄水器では、どちらが美味しい?

Posted by ddpp on 7月 4th, 2014 — Posted in ウォーターサーバーのランキング

浄水器ブームはいつから?ウォーターサーバーとの違いは

浄水器は、水道水中の汚染物質や有害物質を取り除いて、においのない安全な水にします。浄水器より、さらに積極的に水に何らかの力を与えようとするものが、整水器や活水器です。 はっきりした定義はありませんが、いちおう、水の性質や成分を調整して、体にいい水にするのが整水器、水を活性化して、水に新しい機能をもたせるのが活水器といわれています。

市販されている商品名を見ると、整水器は「アルカリイオン整水器」や「アルカリイオン水生成器」「マイナスイオン水生成器」などさまざまですが、どれも電気分解でアルカリ水をつくっています。 一方、活水器の方は、「酸化還元活水器」や「磁気器活水器」などの商品名で売られていて、磁気で処理したり、ミネラルを加えたりしています。

ウォーターサーバーで整水器で水はおいしくなるか

ほとんどの整水器と活水器は、はじめに活性炭や中空糸膜で浄水するので、浄水器にプラスアルファの機能が付いたものと考えた方がよいでしょう。しかし、その機能のために機器が人きく、高額になります。

整水器や活水器のなかには、性能について疑問視されているものも少なくありません。したがって、機能の根拠がはっきりしていて、シンブルなものがよいでしょう。